読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

日本人に対して逆カルチャーショック

f:id:bloggenic:20170512160348p:image

常日頃香港人のことをとやかく言うワタクシであるが、
香港の暮らしに慣れすぎたのか、日本で暮らす日本人の言動にも
たまに驚くことがでてくるのである。

 

ある朝、会社に問い合わせの連絡が。

 

「さっき御社からこういうメールをもらったんですけど、
ここにはこう書いていていて、アー書いていて・・・
・・・なんでなんですか?


など、ツラツラ語りだす先方。

 

そんなこと言われてもそれを書いたのはワタクシではなく、
ケースバイケースによるため、手元に何の資料もなければ、
何の話かさっぱり分からず、なぜかと聞かれても
ワタクシは途方に暮れるのであるが…。

 

んで、そのメールが誰から送られたのか確認して、
折り返しさせようとしたところ

 

「あの、前にも別の人とお話しさせていただいて
その人はこういってて…」


ずーっと話し出すのである。
そして、口癖のように言う

 

「何で皆、言うこと違うんですか?」


…だから、しらねーよ。
ケースバイケースだっつーの。

 

っていうか、そもそもそうやって、本来最初に話してた人と
会話を詰めていけばよかったものを色々な人に聞くから
話しがぶれるんだろーが…と思ったが。

 

しまいには

 

「あなたじゃ話にならないから別の人出して」

 

と言いだす先方。

 

いや、だから、最初っから担当者から
折り返しさせるといってるのだが…。


よくよく確認してみると、担当したのは香港人で、
英語で対応になっているため、
日本語の対応が欲しかったのだろうなぁ…と思ったが、。

 

ひとしきり自分の言いたいことだけ一方的にいい、
最終的には、折り返しに合意したのだが、
こちらが名前と電話番号を訪ねると、

 

・・・答える前に切りやがった!!

 

 

まぁ、この手のタイプは日本でも少ないと思いたいのだが、、
目的が、問題を解決することじゃなくて
文句を言うことにシフトしているのが凄く分かったので、

…ハッキリ言ってこういう無駄なものに時間費やしたくないんだが…

 

と思ったワタクシ。

実際、日本人て、対応する側もすごいなぁとは思うけど、
それ以上にお客側が、必要以上のサービスを求めすぎだろと思う次第である。

…あるいは、ワタクシの感覚が日本の常識からずれているのかもしれない…

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村