読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港の銀行

引越しに伴い住所変更を様々なところへしているワタクシ。

中でも銀行は最悪である。

まず、ネットでしようとしたら、
申し込んでもいない投資関係のページへ行き、
肝心のワタクシの銀行口座の住所は変更が出来ず。

16時半に仕事を切り上げ、店舗に行ったら、既に閉まってる。。。

電話をしたら、まず5分間はつながらない・・・。


・・・馬鹿にしてるのか・・・


その上、電話がつながり、「住所を変更したいんだけど」って言ったら
すぐさま営業トークが始まる。

銀行「わかりましたが、実は○○について御存知ですか?」

ワタクシ「興味ありません」

銀行「もし、アレなら○○に御登録した方が良いと思いますが」

ワタクシ「いりません

銀行「でも、既にお申し込みはこのアカウントのお客様は、
○○を使う事ができるので、どーたらこーたら」



・・・うぜぇ。



ワタクシ「つべこべ言わずにとっとと住所変えろよコラ!」

若干イライラし始めたのだが、こんな序の口である。

銀行「しかし、これに申し込まないと住所は変更できません」



・・・あの、、別に新しい情報とか契約とか・・・
電話で説明されて理解できるほど賢くないので、
今日はこの電話で住所を変更してくれと言ってるのですが。
何でしてくれないんですか?


銀行「あなたの仰る事は分かりますが、これにお申し込みいただかないと・・・」

と、なおも続ける銀行。

「じゃあ、仮に、申し込まない、住所の変更も出来ないってなっても、
既に引っ越したと伝えているのに、ワタクシの個人名と口座情報が
のった書面を既に住んでいない住所に送り続けると・・・
今、そういってるわけですね」

というが、

 

銀行「あなたの仰る事は分かりますが、これにお申し込みいただかないと・・・」

この堂々巡りが続き
「それは言ってることを分かるとは言わない。さっさと住所を変えてください」

もうこの後には何を言っても

銀行「あなたの仰る事は分かりますが、これにお申し込みいただかないと・・・」
以外言わなくなったので、無駄だと思い、
言われている最中に電話を切ったワタクシ。


その後香港人の友人に愚痴ると

「ま、香港の銀行なんて皆そんなものだよ」

・・・と。


・・・日本の銀行・・・使いたい・・・。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村