読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

日本での出来事

カルチャーショック

引き続き、一時帰国中の日本から更新中のワタクシ。

 

フードコートに行った際、
自分が終わった食事の皿などを、そのままにして
帰ろうとしたところ「片づけなきゃだめだよ」と注意され
焦った。各店のわきに「返却口」なるものがあり、
昔は当たり前のように返却していたのになぁ…と反省。

日本は久しぶりの円安である。
その恩恵を受けるべく、ワタクシも、香港で爪に火を点す思いで
購入した日本円で、爆買(というより、小規模な散財)をすべく、
ショッピングモールへ出向いた。

商品を購入の際「すみません、免税手続きはされていますか?」

と聞くと、慣れた店ならすぐに対応していただけるが、
そういう機会の少ないお店の人たちだと少し焦ったように
スタッフ間に緊張が走る。

海外在住の日本人が一時帰国の際に免税できるというのは、
あまり知られていない話のようで、慣れていない方だと、
店員さんも「なぜ日本人が免税を求める」といった
怪訝な顔をされるのである。

しかし、怪訝な顔をされるくらいならまだましな方で、
それまでバリバリ日本語で接客を受けていたのに、
突然外国人扱いされることも…。

 

非常にバツの悪い思いをしたのが、
店員さんの対応が突然カタカナになったとき。

「あ~…ココ~セカンドフロアー、
タックスフリ~フィフスフロアー
アイ ゴー イッショニ~


イッショニってなんやねん!

が、しかし、ワタクシの所有しているパスポート
日本のパスポートなので、なんとも微妙な空気に包まれるのである。

 

また、以前、香港人と一緒に買い物へ行った際、
英語で話しながら買い物をしていると、
日本人の店員さんが近寄ってきて

 

「トラーイ^^(試着して)」

 

と話しかけてきてくれたのだ
突然、


すみません、これのMサイズありますか?

 

なんて聞いたら、恐れおののかれる。

香港人の友人が気に入った店で、店員さんとの通訳を
手助けしていたのだが、
その子が試着に行った際、店員さんに


「どちらからいらしたんですか?」

 

と聞かれたので、てっきり友達のことを聞かれていると思い

 

「香港です」

 

と、答えたところ、

 

「すごい日本語お上手ですね!スーパーナチュラル!!」

 

 

と言われたのだが、、、
す、スーパーナチュラル(超自然現象の意)

お、おそらくとても自然と言いたかったのであろう。。。

 

他にも日本には目を疑いたくなるような英語
表記というのは実はたくさんある。

例えば、とあるホテルのベッドで

ベッドはタバコを吸わない
⇒日本語は、ベッドでタバコを吸わないでください

とか

 

最後に部屋を出る人は扉をぶち壊して下さい
⇒最後に部屋を出る人は鍵をかけてください

 

だの


ポジティブな500円のために私はコーヒーか紅茶を添付し、それをやれます。
⇒プラス500円でコーヒーまたは紅茶をお付けできます。

 

なるものも存在する。
それも割とランクの高いホテルでである。


しかし、その手の間違えは香港にもたくさんある。


混ざったジュース(ミックスジュース)だの、

足シポムっさゾェ(どうやら、足ツボマッサージ)だの

青島は、」という文語調表記やら
いらっしゃいません」という看板などである。

 

まぁ、これも異文化の醍醐味ということで…。