読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

オンライン入店

香港生活

最近、東京の友人からビデオ通話の御連絡を頂く。

 

その友人は主に、ワタクシも日本にいるときに良く立ち寄る
行きつけのバーからかけて来るのである。

 

オーナーとももちろん顔見知りで仲良くして頂いているので、
軽くオンライン入店である。

 

*セット料金は付けにして頂いているらしい

⇒どんなサービスだ。

 

 

しかし、ビデオ電話など、子供の頃から慣れ親しんだ
サービスではないワタクシ達、通話を開始してみるものの、
画面越しにどこを見ているかなど分かるはずもないのに、

 

…なんとなく目が見れないワタクシ。

 

妙に気まずく、こっぱずかしく、クビ元辺りを見たり、
人がいないところを見ていたりする始末。

 

 

そんな報告をしてみたところ、
友人Aも「わかるー!!なんか・・・恥ずかしいよね~!!」との事。

 

 

…きっと生まれたときからビデオ電話など存在する今の子たちには
この奥ゆかしさなどわかるまい。

 

 

感じとしては、通り抜けられない小窓から、
店内を覗いている感じで、音声も意外とよろしく、
結構楽しいのである…

 

が、

 

なにせ1対複数名…。
電波やWi Fiの調子が悪くなると、音が途切れたり、
映像がモザイクっぽくなったり・・・

 

そして、通話が終了すると、
一気に一人で香港に引き戻され
少し日本が恋しくなったりもするワタクシ。

今まで日本に戻れば
「あれ?本当に香港に住んでいたんだっけ?」と思うほど、
すんなり日本に戻ってしまい、また、香港に戻ると
「本当に日本に行ってたっけ?」と思うほど、
すんなり香港に戻ってしまっているのに、

こんなに日本の余韻を引きずってしまっているのは
今回が初めてである・・・。

昨年といい、今年といい…
何かが少しずつ動き始めているのかもしれない・・・
・・・様子である。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

近くて遠い深圳

香港生活

香港と国境を隔てて隣接する深圳。

香港からは電車で行けるし、
ワタクシの家からもほぼ1時間くらいで行ける中国の都市である。
一応香港と深圳の間には国境があり、出入国の管理も行われている。

 
実は中国に対して苦手意識のあったワタクシ。
最後に行ったのは5年前で、それも、
仕事の関係で仕方なく出向いたのが最後だったと記憶している。

 

なぜ苦手だったかと言うと
・中国人のマナーの悪さ
・食の危険性
・交通事故の多さ

 

…何をとったって別にデメリットこそあれど、
魅力がないと思っていたからである。

 

このたび、香港人の友人Sに誘われ、
深圳に行く事になったのであるが、
実はこのSの誘いもこれまでに6回は断っている。

 

とはいえ、そもそもSも香港育ちではあるが生まれたのは中国、
親も中国大陸の人で、しかし、ワタクシには良くしてくれるので、
中国の全てに対して拒否反応があるかと言われるとそうでもないワタクシ…。

 

実際日本にいた頃の友達も実は大陸人の友人が多かったのである。

 

なので、今度と言う今度は意を決して、5年ぶりに深圳に突入したのである。

 

 

 

よく、国境を越えた瞬間に
「あぁ、ここは中国なんだ…」と違いを感じると言う人が多く、
ワタクシが5年前に出向いた際もそういう印象があったのである。

 

…が、


久しぶりに訪れた深圳は5年前の記憶とはだいぶ異なっていた。

 

 

まず、大声で叫び散らして会話をする人なんて殆どいなかったし、
土地が広いせいか、それ程人口密度も高くなく、それでいて、
香港人のように常に競争態勢、戦闘態勢になっている人も多くない気がした。

 

 

今回は、割と混んでいる電車にも乗ったが、
その印象は変わらず。むしろ、香港の電車の方が
ストレスを感じることが多いとすら感じてしまった次第である。

 

その上、レストランでも、店員さんは感じが良くて、
テーブルも広くて相席しなくていいし、量も多くて味も中々、
その上、やはり香港と比べて安いのである。

f:id:bloggenic:20170320155653p:image 電車に乗るにしても、手荷物検査があったり、
(もし、住んでしまえば煩わしく感じるのだろうが、
実際、香港でも社内で焼身自殺をしようとしたはた迷惑な
おかしな人は存在するので、こういうのがあったほうが
安全な気がする次第である。)

f:id:bloggenic:20170320155851j:imagef:id:bloggenic:20170320155906j:imagef:id:bloggenic:20170320155920j:imagef:id:bloggenic:20170320155930j:imagef:id:bloggenic:20170320160136j:imagef:id:bloggenic:20170320160149j:imagef:id:bloggenic:20170320160155j:image

何をとっても香港よりいいところしか目につかなかったのは、
おそらくワタクシが休暇で訪れたからで、
住んでしまえばどちらもイライラするのだろうが、
食事も買い物も…カナリ満足度の高い休暇となったのである。


アートメイク再び

美容・健康 日本

昨年12月にアートメイクを初めて体験したワタクシ。
1度で完成する人はほぼおらず、大体2~3回で完成させるらしい。


そんなワタクシも左側の眉の中央辺りの色落ちが気になり、
今回はそこを補正に出向いたのである。

 

*ちなみに前回、胃腸炎を患い、吐き気を伴いながらの施術で、
カナリ魂が抜けていたので、今回は気を確かにして望んだワタクシ。

 

最初のカウンセリング時間に自分の気になるところを伝え、
「ここの部分と~…」などなど、言うと、全体的に観察され

 

「結構色残ってますね。普通だと殆ど落ちちゃうんですけどね」と言われ、
複雑な心境に…汗。

 

 今回は、前回の補正だったので、それ程時間もかからず、
すぐに終わると思っていたのである…

 

・・・が、

 

ふたを開けてみれば、みっちり1時間半。
おまけに今回は麻酔の効きが悪く、痛みがハンパない…。

 

たとえるなら、、、
錆付いたガビョウで肌を引っかかれている感じである。


えぇ、耐えましたとも…

 

全ては美のために。

 

施術が終わると、前回は、物凄く濃く、
「これが永遠に続いちゃったらどうしよう…」的な
不安感も若干あったのだが、今回は丁度良い…より少し濃い目?
位の仕上がりだったので、安心しつつも…

 

…色、チャント残るのだろうか…

 

という一抹の不安が…

料金は前回と今回の2回の合計で8万円。

 

数日後、タトゥーを抱える知人と話していた際、値段を言うと、

 

「俺の、これくらいのサイズ(コースターくらいのサイズ)だけど、
4万円しないくらいだったよ」

 

と驚かれる次第である。

 

…どうやら、、、アートメイクの方がタトゥーよりも、高い…らしい。


…アートメイクは時間が経つとまた薄くなるので…
次回はまた4万円払い施術してもらうことになるのだが・・・
次はいつになることやら…。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

野菜ジュースブーム到来

日本 美容・健康

f:id:bloggenic:20170221130218p:plain

 

NetflixでFat Sick & Nearly Deadを見て以来、
空前の野菜ジュースブームが起こっているワタクシ。

 

www.fatsickandnearlydead.com

 これは、親にも見せなくては…と、
一時帰国のタイミングで両親に上映会を行った。

 

これまでにもサプリだの、トレーニングだの、
その手のものは色々紹介してきたのだが、

 

…全て玉砕。

基本的にその手のものに疎いというか、興味が無い両親だったのであるが、
Fat Sick & Nearly Deadを見せたところ、どうやら心に刺さった模様で、
早速八百屋に駆け込み、どっさり野菜を買いに行った母。


…しかし、実家にはジューサーもブレンダーも無く…

 

…何を思ったか…

 

 

・・・フードプロセッサーでスムージーを作り始めた!!

 

 

仕上がりを見て、ウンザリするワタクシ達一同…。
飲んで顔をしかめ…

 

「ブレンダーでやると…こんな味じゃないんだけどね…」
と一言ワタクシ…。

 

 

その後も何度かスムージーを作るも、
段々テンションが駄々下がりになりつつ、
けど、何とかして野菜ジュースを飲もうと試みる母を見かね、
電気屋さんへ駆け込んだワタクシ。

 

早速、両親にジューサーをプレゼントした次第である。

 

 

既に、フードプロセッサーでズタズタになった
グリーンスムージーもどきでウンザリしていた両親は、
半ば「もういいよ…」状態になっていたのであるが、

 

ニンジン2本
リンゴ1個
レモン4分の1

 

この組み合わせでジュースをつくって飲ませたら

 

「なにこれ~美味しい!!!」と大絶賛

 

「こんなに甘くて…砂糖入れすぎじゃない?」と母。

 

 

…ワタクシ、母の目の前で作ったのであるが、
砂糖なんざ入れてねーだろーが!
と思ったことはシミツである。


そこから、野菜ジュースの味にはまってしまった母は、
色々な葉野菜だの果物だの、片っ端からジュースにし、
毎日飲み始めたのであるが、あまりに感動した様子で、

 

姉に連絡し

 

「今からジューサーもって遊びに行くから!
孫達(ワタクシの甥っ子達)に飲ませたい!」

 

と出かけていったのである。

 

 

…デモ販売のオバサンか!あんたは…。

 

どうやら、甥っ子達も気に入った様子で、
姉夫妻の家でもジューサーの購入を
検討し始めた様子である。
 

今のところ、何か病気を患ったりしているわけではないのだが、
これで良い方向に向かってくれると良いなと、
両親の健康を祈るのであった。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

日本のジム

日本 美容・健康

一時帰国中、海外在住者は「一時帰国マジック」にかかる。

 

その名も…

 

「日本の食べ物、何でも安くて美味しい」

 

…である。

…いや、ワタクシだけだろうか…

 

 

半ば意地になり、食べ続けるワタクシ、。
流石に気になり、帰国中も数回はジムへ行くのであるが、
日本でジムへ行く際、気を引き締める必要がある…

 

…さもなくば注意されてしまうのである…例えば…

 

 

「お客様、更衣室へ入る際は外履きを脱いでください」

 

 

…ここでワタクシには色々ショツクが。

「あ、土足じゃないのね」という軽いジャブ、

「外履き」という懐かしい響きに…

「ってことは内履きが必要なのか!!!」というとどめ。

 

 

ちなみに、前回、そういうことを全く考えていなく、
内履きを購入しに走ったワタクシ…。

 

今回はそういう事を忘れぬよう、細心の注意を払い
赴いたのである…。

 

 

日本のジムでビビル事、その2。

 

どのマシーンもウエイトが一番軽いものに設定されており、

 

「なんだ~皆貧弱だなぁ…」

 

などと思っていたら、
なんてこと無い…

 

「ご利用が終わられたら、一番軽い部分に合わせ、汗をふき取ってください」

と、紙に書かれているのである。


香港ではこんなもの使いっぱな、やりっぱな、がデフォルトであるので、
最初の数個、ウエイトをそのままにして立ち去ったうえ、
汗もそのままにしていたワタクシ…。

香港じゃダンベルもその辺に転がってるし(流石にワタクシ、元の場所へ戻すが)
バーベルも自分の好きなウェイトをそのままつけっぱなしで放置しているので、
そんなものだと思っていたのである。

 
そして、トレッドミルでも、開始前に、
大体の終わる時刻を記入し、ランニングを始める配慮ぶり…

…ワタクシ、そんな説明受けておらず、無記入で走り続けましたとも。一時間。


やっとの思いで走りぬいたワタクシが水をボトルに入れに行くと、


「ボトルに水を入れる人は後ろに待っている人がいないか常に気を配りましょう」

の張り紙が…。




…ワタクシ、相当なる空気読めない人、
かつマナーの悪い人になってしまっている様子である…

 

 

心身ともに疲れ果て、再度更衣室へと流れ込むと、
土足禁止ルールをすっかり忘れ、土足で上がりこむワタクシ…。

 

 

ルールを破る人間に、日本の社会の視線は厳しい…
色んな方々に若干睨まれ己の失態に気付いた次第である…。


…そして帰り道、、、美味しそうなケーキ屋さんで
ケーキをしこたま買って帰り、
せっかくの運動を台無しにさせるワタクシなのであった…。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

久しぶりの再会で…

美容・健康 日本

f:id:bloggenic:20170315121910j:image

今回の一時国では6年ぶりに再会した友人がいる。

 

当時のワタクシの行きつけのバーでよく顔を合わせ、
会えば話し、何度か、別の場所へ飲みに行った事もある友人だ。

 

この6年、連絡を取り合うことも無く、若干フェード気味になっていたのだが、
今回、行きつけのバーでたまたま再会したのである。

 

・・・が、

 

話をしていて会話が噛み合わなく、
何かおかしいと思ったワタクシ。

 

 

6年前の写真を探し出し

 

「こんなの出てきたよ~懐かしいね~」

 

と見せると、
一瞬かたまり、

 

「なんでこの写真持ってるの…?」

 

と聞かれ、
次の瞬間ハッとされ

 

「ま、まさかN?!」

 

と恐れおののかれる始末。
どうやら、ワタクシとは気付かれていなかった様子である。

 
20kg痩せ、髪型を変え、服のイメージを変えれば、
ざっとこんなものである(ニンマリ)。

 

どこをイジッただの、
何があっただの色々言われたけれど、

 

 

…メスは(まだ)入れてねーよ

 

 

こんなことがあったりするので、
次回会ったときにネガティブな意味で
変わったと驚かれないように気をつけなければ…とキモにすえつつ…

 

…バーの閉店後、マスターとコッテリ焼き鳥を食べて帰るのであった…

 

…ま、まぁ、休暇中ってことで・・・汗。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

 

一時帰国 ~整体編~

日本 美容・健康

日本へ一時帰国したワタクシ。

 

そんなワタクシが出向いた一発目の行く先は、
整体マッサージである。

 

2時間コースで最初の前半は整体で骨格の歪みを矯正し、
後半、筋肉のコリと詰まり放題のリンパを流してもらうことになった。

 

どうやら、右側の骨格が露骨に歪んでおり、
歪んだ上で、筋トレを続けてしまったので、
思いっきり歪んでしまった様子。

 

その上で、リンパが思いっきり詰まっており、
本来なら心地良いリラクゼーションが


拷問級の激痛祭りに…

 

さらに首筋のリンパをチョコっと触られた際、
「これは頭の方もヤバイ」と思われたらしく、
軽く頭をいじられたところ、相当な石頭になっていたらしく、
若干ビビられたワタクシ。

 

身体の方は激痛、
しかし、頭の方は触られた瞬間、サスペンス物のドラマで
睡眠薬を喰らった人のように眠りに転がり落ちるのであった。

 

色々体のゆがみの原因を教えられ、改善方法、
ストレッチ方法、、色々教えて頂いた
カナリ濃厚で充実した2時間であった。

 

やはりたまには身体のメインテナンスも必要な様子である…。

…というか、ちゃんとメンテして下さいといわれた次第である…。

その後、一気に疲労感に襲われ、起き上がれないくらいの
眠気に誘われるのであるが、短期集中の一時帰国で
友人に会わないわけにも行かず、飲みへと出かけるのであった。


*リンパマッサージを受けた後はなるべく水分を多く取り、
アルコールは控えましょう…汗。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村