Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

Fワードについての考察

f:id:bloggenic:20170620121224p:plain
*Delay no moreが広東語のイケないスラングの音に似ており、香港人が見ると、チョット笑ってしまう言葉



ワタクシは全く疎いので日本のアイドルのことは
さっぱりわからないのだが、

 

某アイドルグループの総選挙で、
某アイドルが結婚宣言をしたら、
某アイドルグループの卒業生が、
Fワードの入った帽子で心境を示唆して

 

「Fワードは使っちゃいけない言葉」

 

とか


「下品すぎ。この言葉は控えるべき」

 

とか

 
やたらめったら、史上最悪の悪い言葉として取り扱ってる?
認識してる人たちが大勢いて、

かつ「そんな言葉を使うなんてありえない」

 

って書いてる人たちがいて…
ワタクシは非常に違和感を覚えている次第である。

 

第一に、その言葉がどういう威力を持つ言葉か、
そこまで理解してるひと、そんなに大勢いるのだろうか。

 

第二に、その言葉に対してアレルギー反応の様に
嫌悪感を表すわりに、それに匹敵するくらい酷いなんて
日本語でネット上にあふれかえっているんだけど、
それはスルーっすか?

 

っていう、。


そらね、日本語に該当する言葉がそれほどないだろうから、
直訳したら、下品で卑猥でしょうよ。

 

けど、その言葉が実際存在する文化圏にて、
その言葉が持つニュアンスというのは、
ネットで大騒ぎしている人達の意味合いとは異なると感じる。

 

 

 

 

「そんな言葉絶対言っちゃいけない言葉なんだから~!!」

みたいに言ってる人がいて、
うん、そうだね、親は子供にそうしつけるだろうね…
って思うけど、悪いが、実際その単語は聞かない日がないくらい
日常的に飛び交う言葉である。


…まぁ、それは広東語はそれくらい
下品な言葉がたくさんあるからでもあるだろうと思う。


なので、ものすごくカジュアルに、普通に、日常的に出てくる単語で、
ただの強調語としてすら用いられたりする…


現に、昔の上司はオーストラリア人だったが、
仕事中でも仲間内にはカジュアルに使ってましたね。
頻繁にではないけど、ウケを狙う程度に、和ませる程度にではあるが。

 

…とはいえ、公の場で、キチっとしなければいけない場で言い放つ人は、
ワタクシの周りにはまずいない。


(そんなワタクシも、例えば、アメリカでどうとか、
他の英語圏でどんなニュアンスで使っているのかは、定かではないのだが…)


そういう風に、実際、どんな場で、どんなニュアンスで使われている言葉か
知ったうえでFワードをディスるのであれば、別にかまわないのだが、
決めつけたかのように、決まりごとの様に、あるいは、ただ、
その元アイドルを批判したいがために
大騒ぎしてるだけの人が多い気がして、
非常に滑稽に思えた次第である。


…ちなみに、その方は芸能人なわけだし、
その人のキャラが元々そんなで、しかもSNSなり
その人のキャラを知ったうえで見ているファンなり
友達なりに向けたメッセージなら、
別にどーでもいいんじゃないかと思うワタクシは…

 

…もしかしたら、香港のスラングに
どっぷりつかりすぎているのかもしれない…
(香港の場合、Dから始まる言葉であるが)

…日本で日本語を話すときには、お上品にふるまわなくては…。汗。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

満島ひかり / ラビリンス ロケ地 

満島ひかりさんが、MONDO GROSSOに参加したラビリンスという曲の
ミュージックビデオの撮影が香港で行われ、日本好きの香港人の間では
チョットした話題になっている。(あるいはワタクシの周りだけ)

メロディーもキャッチーで浮遊感のある不思議な曲で、
自分達の地元が使われていることに好感を持ったのか
ワタクシのつながりのSNSでは連日ポストが上がっていた次第である。

 

日本のメディアでは「ワンカメラ、ワンカットで…」と報じられていたのだが、、、

 

…撮影場所は海を挟んで三か所…

f:id:bloggenic:20170620111352p:plain



…とても5分で踊りながら移動できる距離ではない。

 



先日、友人と佐敦で食事をしており、
「そういえば、この辺、確かロケで使われてたかも…」
という話から見に行くことに…
f:id:bloggenic:20170620111829j:imagef:id:bloggenic:20170620111838p:image
ものすごく狭くてゴミゴミしたところなのだが、
ミュージックビデオの世界ではもう少し広めに見える…
さすが、、、プロのワザ…ですな。

ちなみにここはミュージックビデオの中盤あたりのシーン。
佐敦の廟街/南京街


冒頭のシーンは香港好きには結構有名な鰂魚涌の益昌大廈
No.1028 King's Road Quarry Bay

f:id:bloggenic:20170620112037p:plain

f:id:bloggenic:20170620111542j:plainPeter Stewart Photography

 
そして、最後のシーンは、深水埗の鴨寮街。

f:id:bloggenic:20170620112309p:plain

f:id:bloggenic:20170620112131p:plain

ですな。


日本で住んでいて、香港に来たことない人にはどんな街に見えるのだろうか…香港。
もはやそんな新鮮味もなくなってしまったが、土地が狭いがゆえにロケをすると、
大体場所がわかり、たまに映像としてみると

「あーこの街に住んでいるんだなぁ~…」と思うのである。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

炭水化物セット

香港のローカルのレストランで
茶餐廳(チャーチャンテーン)と呼ばれるスタイルのレストランがある。

香港人にとっては育ちの味、故郷の味になるかと思われる、
ローカルな大衆食堂である。

 

売りは何と言っても

・速い
・多い
・安い

 

…ことと思われるのであるが、
昨今のインフレにより若干安くはなくなっている気がする茶餐廳。

 

茶餐廳には、セットメニューが存在するのだが、、
炭水化物まみれのセットがよく存在する。

 

 

 

例えばこちら…

f:id:bloggenic:20170518120431p:image 

ステーキのセットであるが、
スパゲッティーが添えられているわきで
ちょこんとパンがついてくる…。

 

…なんだかなぁ…

 

と思っていたのだが、

 

「日本だってラーメンライスとか、
うどんにお稲荷さんとかあるじゃん!」

 

と突っ込まれたワタクシ…

 

そうか、、、じゃあ、このスパゲッティーとパンの
コンビネーションも、よもや焼きそばパンの様に…

 

 

…と、思ったら、、、

 

 

パンが…甘い…。

 

 

まだまだ、香港人の味覚には
ついていけないワタクシなのであった…。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

日本人のマナー

f:id:bloggenic:20170606121303j:image
*注:こちらは香港のバスに乗る香港人



しばらくの間、日本へ遊びに行っていたワタクシ。

 

今回は、運が良かったのか悪かったのか…
日本で少しびっくりする人たちに多く遭遇した…
 


母がコーチを務めるテニス教室での出来事である。


高校時代、 とある地方のテニスの凄く強い高校に通い、
自称キャプテンをやっていたという女性…。
インターハイへは出場できず、、、
そして他の人は出場したらしいのだが…
その経験から「私は上手い」オーラを前面に出すのだという。

 

初級者から上級者まで色々そろうその教室で、
彼女は控えめに言っても中級なのだという。


が、

本人はバリバリ上級者のつもりらしく、
母が、指導をすると

 

 

「私、指導されるの嫌いなんで」

と拒否したとのこと。

 
まぁ、そこまでいうのであれば、
特にいう必要もなかろうと、
母は自由に練習させているのだという。

ある日、外部からテニス連盟の中で会長を務めるお偉いさんが、
ありがたいことにボランティアで教えに来てくれた際、
同じことを会長に言い放ったらしく、

思いっきり逆鱗にタッチ。

母がやばいと思い、事情を話し、
謝りに行くよう促すと、

…逆上したのだという、。

 

また、ある初心者は初心者歴30年。


いつまでたってもうまくならない
ベテランの初心者であるのだが、
試合を控えた上級者に母が個別で指導を始めると

 

「私も指導してください」と割って入ってきたのだという、。


この人たちは試合を控えているから、また今度…

と促すと

 

「じゃ、暇なんで帰ります」


と言い放ったのだという。


他の人たちは普通に練習をし、
空いた人は素振りをしたり、ボールを拾ったり、
プレーを見て勉強するのであるが、
その人は自分が実際に練習をする時間以外は、
「暇」なのである。

 

…どちらの生徒さんも…年の頃50歳以上である、。
もう少し分別があっても良いものである…。

 

 

日本から香港へ帰る帰りの飛行機。
ワタクシの列は運よく、ワタクシ一人だけで、
のんびりすることができたのであるが、
後ろの席には日本人の女性達。

 

はしゃぎ方からして、
「あぁ、旅行で香港に行くんだろうな」って思ったのだが、
夜中12時半ごろ出発の深夜便である。
寝る人も多く、消灯もされるのであるが…

 

 

…いつまで経ってもすっげー大声で騒いでる。

 

 

いつもは広東語だの中国語が聞こえてきて
「うるせーよ!」と思うのであるが、、、
彼女らはまぎれもなく日本人である。

 

また、前の席に人がいないからいいやと思ったのか…

 

 

…足が…生えてきた…

f:id:bloggenic:20170606121431j:image

性差別をする気はないが、この女性は…これでいいのだろうか…。


その後も騒ぎ続け、
正直…マナー悪すぎだろ…と、思ったのであるが、
日本語で騒ぐものだから、
とてもばつが悪かった次第である…。

 

一週間ほど日本でダラッとした後に戻ってきた香港は…
もはや海外の知らない土地ではなく、
どこか、ホッとしている自分がおり…
無意味に一方的に香港人のマナーの悪さを
批判してはいけないなぁ…と反省するのであった…。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

土屋アンナ「読んでもわからないから捨てちゃう」の考察

f:id:bloggenic:20170526133157j:image

土屋アンナさんが
「子供の学級だよりや郵便物を「読んでも分からない」と捨てる」
っていうのがニュースになっていたけれど、、、

 

…実はコレ、ワタクシとて、他人事ではない。

 

 
幸い香港は中国語表記だけじゃなく、
英語の書類も一緒に送ってくれる団体が多いのであるが、

まず、中国語だけの表記で何かお知らせがきたとき、
パートナーがいれば「重要か重要でないか」だけ見てもらうが、
一人では判断がつかず、しばらくほったらかす
⇒そのうち忘れるパターンが多い。

 

また、英語でお知らせを送って頂いたところで、
例えば金融系の書類やら、保険やら、、、
そっち系の書類となると恐らく日本語で書かれてても
あんまり読まないだろうなぁ~・・・という規約が
どっさり送られてきたりすると、最初の数行読んだ後…

 

 

…同じ行を2度読んでいたり、行を飛び越してたりする…。

 

 

さらに先日、スーパーで
「これ、、、読みにくいなぁ…知ってる単語あんま出てこない…」

 

 

と、躍起になって読んでた文章は、


どうやらインドネシア語だったり、フランス語だったり…

 

 

…んなことがしばらく続いてくると、
そのうち大きな問題が起こるのではないかと
冷や冷やしている次第である。

 

 

先日、納税の申告書を作成すべくeTaxに申込み、
オンライン上にツラツラ色々な税金関係の文章が
いっぱい出てきたのであるが…

 

…不意に高校時代の長文読解をしてたころの気持ちに陥る…。

 

 

…それならまだよい。答えがあるのだから…
ワタクシが取り組まなければならない書類の・・・
…答えは…


・・・ない。

 

 

とはいえ、これまで何度となくいろんな契約だの書類だの
取りかわし、生きてきたのであるが…

 

 

…よくもまぁ、こんな性格で生き延びたものだなぁ…と思う次第である。



ちなみに、他の国から来ている人で、
英語が苦手な人だって大勢いるだろうなぁ…
…と、思ったのであるが…

 

 

f:id:bloggenic:20170526132800p:plain

 

 

…。

 

ワタクシの中ではあまりなじみのない
アジアの言語は色々対応があるのに、、、
日本語はこれらの言語よりメジャーではないのだろうか…。

 

 

 

…と、、、とにかく、


この街で生き延びていくのであれば、
チャント書類も面倒くさがらず、ちゃんと読まなければいけないなぁ…
と、思う次第である。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

香港で暮らして驚かなくなったこと

f:id:bloggenic:20170522104837j:image

日本の感覚を鋭く持っている時だと、
ものすごく突っ込みたくなるのに、
普段、ボーっとしてると、
もはや、何の違和感もなく見過ごしてしまうことがある。

 

以下は、先日、スーパーへ出かけた際、ものの1時間以内に
起こった香港のあるあるである。

 

 

1、横断歩道で車が来るかどうかだけ気にしてる人
⇒車が来なければ隙をついて渡ろうとするため、
信号が青になってても気がつかず永延と車を眺め続ける

…そういう人は周りの人たちが渡り始め、それに気づき慌てて渡り始める

 

2、老人ホームの憩いの場の様になったファーストフード店。
⇒ショッピングモール内にあるMドナルドをちら見したところ、
明らかに何も食べず、何もオーダーせず、新聞を広げ居座る老人たち

…飲食を希望して入ってきた客からしたら相当邪魔な様な…

 

f:id:bloggenic:20170522104511j:image 

3、デザートコーナーに置かれたポテトサラダ。
⇒某日系スーパーに出向いたところ、デザートコーナーに
パンケーキやら、カップケーキやら、プリンやらゼリーやら…
色々ならんでいた中に…なぜかポテトサラダが登場。

…ポテトサラダは日本ではデザートじゃない、。


4、見つからないポン酢
⇒同じく某日系スーパーで醤油がまとまってるコーナーで
ポン酢を探すと、全く見つからず、ナンプラーやらXO醤やら出てきて
あきらめかけた隣の棚の小麦粉とかが売られているコーナーに
チョコっと出てきたポン酢…。

 

…ポン酢は日本でも醤油の近くに置かないものなんだろうか…

 

 

5、ガッツリタトゥー
⇒日本じゃまだまだ偏見があるタトゥー。
香港じゃ飲食店でもジムのインストラクターでも、
普通にガッツリタトゥーが入っている人も存在し、
最初でこそビビった記憶があるが、今さらなんとも思わなくなったワタクシ。
逆に日本に戻り、ジムや温泉へ行ったとき、入れ墨お断りの注意書きを見て
「あー日本じゃダメなんだっけ」と思いだすようになった次第である。

 

6、バス停に止まらないバス
⇒そのルートで運転するのが新人なのか、
最近バス停が移動になったのかは存じないが、
本来止まるはずのバス停がすっ飛ばされることはたまにある。
乗り込み際、お客のおばちゃんが

「ったくどこに止めてんだい!!バス停はあっちだろ!」と一喝すると、
「一々うるさいな!嫌なら乗るな!!」などと怒鳴り返すのである。

 
…お客は神じゃないし、運転手はロボットじゃない。
どちらも生身の人間のぶつかり合いである。

 

 

ワタクシ自身の精神衛生が良いときは、それらのことも
何事もなく受け流すことができるというか、それらのことに
何の疑問も持たなくなっているのだが…

 

…冷静に考えてみればキット日本では
珍しいことだろうなぁ…と思うのであった。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村

香港から出ていく友人…

f:id:bloggenic:20170518114754j:image

香港はいろんな場所から
移り住んできた人たちが
大勢住んでいる国際的な都市である。


それ故、長く住めば住むほど、
出会いもあれば別れもあるのであるが、
香港自体が狭いので、、、

 

国境を隔てるような別れがとても多くある。

 

 

今年も既に何人かの友人が香港を去って行ったのであるが、
ただでさえ香港に友人の少ないワタクシには、
片腕をもがれる思いなのである。

 

 

そんな最近、友人Sが中国へ引っ越すことになった。

 

 

…あぁ、、、また仲良くしてくれていた人が一人…
悲しいなぁ…と思って聞いており、
頬を濡らしそうになったのだが…

 

 

よくよく聞いてみると…

 

 

中国は中国だが、、、国境を挟むし、携帯の電波も
国際ローミングがかかってしまう地域ではあるのだが、
ワタクシが暮らす香港の部屋から
ものの35㎞くらいの場所に位置する中国の街…

 

 

東京から春日部よりちけーよ!

 

 

 

だ、もんで

 

 

「週末遊びに来たら~?」


などと、カジュアルに誘われたうえ、

 

 

「ま、2か月くらいしたら戻ってくる予定なんだけどね」


という友人S…。

 

 

ワタクシの涙腺から若干分泌された涙を返して頂きたい次第である。。。

 

 

とはいえ、日本やらオーストラリアやら、アメリカやら、、
世界中の色々な場所へ散らばっていく人が多く、、、
もっと、一緒に香港にいる時間を
大切にしなければいけないなと思う次第である。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村