読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

psychiatricナースとの会話

香港人の友人Kは大学時代、心理学を専攻し、
今は、精神医学系のナースとして10年働いている。

方や、いろいろな分野に満遍なく興味を持ちつつ、
全く、何も極めていないワタクシ。
心理学の本を読み漁った時期もあり、その分野に興味もある。

いつも友人グループの中で顔をあわせる程度の関係だったのだが、
その日は別の友人が参加してくるのを待ち、先に二人で会っていたのである。

…別の友人が参加する予定の8時間も前にである。。。

まずは、香港人がいないと、なかなか行く気にならない飲茶へ行き、
その後はハイキングへ。お互い同じジムの会員なので、
同じジムでシャワーと着替えをし、タイ古式マッサージを受け、
上海料理のディナーへ…その後別の友人が合流…と云う流れになった。

…スケジュールを全く知らされていなかったワタクシ、若干戸惑う。

Kとの会話はとても楽しかったのであるが、
しばらくして、凄く不思議な感覚に陥った。

Kはとてもお喋りなのであるが、
実はあまり自分の事を語っておらず、
気がついてみればワタクシは4:6くらいで、
やや控えめに話しているのに、
話がワタクシの話が中心に進んでいたのである。


気がつけば過去にあった話や、
現在に結びついている事がどんどん引き出され、
前のめりになっていったワタクシ、、。
そんなワタクシのことをKは次々と言い当て、
軽く占い師以上の存在に…。


…っていうかお前、医者じゃなくて、ナースだろ!


などと思ったのであるが、
物凄い観察力…というかテクニック。。。

…おそらく「今腕を組んだ」とか「顔をかいた」とか
見られて嘘も見破られているのだろう…

…それは、メンタリズムだから…と突っ込まれたワタクシ。


普段使わない、聞きなれない英単語もたくさん出てきて、
いろいろ勉強にもなり、また、世の中には、
まだまだ知らないジャンルの人間が存在するのだなぁ…と
思った次第である。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村