読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

期間限定・香港人スマイル

f:id:bloggenic:20160214205306j:image

常日頃から、イライラする接客が多い香港。

なるたけ、何も感じまいと、店員との交流を
必要最低限どころか、感情を持たず含まず
接しているワタクシ。

…まともに接客を受けていては、
イライラしすぎて神経ブッチギレる次第である。

 

・・・ところが、

最近、非常に和かな笑顔で
接客をする人が増えたなぁと思う事が多く、
きっと、自分が嫌な面ばかり見ているから、
良い人たちの面を全く見ない・気がつかない状態に
あるのかもしれない…よくないなぁ…


などと、反省をしていたのであるが…

香港人の友人Sに話したところ…

それは、旧正月があったからだ

と言い放つ。

普段、太々しくピクリとも笑わない香港人の店員が
笑顔になる程、旧正月というのは幸せを運ぶものなのか…
などと思ったワタクシ。

…そんなハズない。


旧正月後、笑顔全開で一生懸命やれば、
お年玉がもらえると信じているからだ

…と続けた。

 

実際、香港人は非常に利是とよばれるお年玉を惜しみなく赤の他人にすら渡す。
だいたい20〜50ドル(290円〜725円くらい)、
親戚など、多くて100ドル(1,450円くらい)が相場であるが、
日本のように親戚だけではなく、独身の人間に対し、
初対面の人にですら、惜しみなく渡す人も少なくないのだ。


…その分、惜しみなくハイエナの如く、もらいに来る人も多いのである。

仕事関係でも、普段絶対に現れない他部署の人間、
他フロアの人間が、凄く笑顔でやってきて、
新年の挨拶を述べるほどである。

…そして、その新年の挨拶に、

新年快楽(新年おめでとう)
恭喜發財(儲かりますように)


などというのだが…
…新年の挨拶で金を言及するなよ…。

…と思うワタクシ。


なので、どこもかしこも期間限定で笑顔の大安売りをして、
お年玉をもらおうと必死のため、笑顔が溢れるのだという。

これも、3月ごろになれば消えてしまうのかと思うと…
…寂しい次第である。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村