読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港人の白人崇拝主義

f:id:bloggenic:20170510112338j:image

香港人の中年以上の人に多く見受けられる白人崇拝主義。

 

以前、イギリスの植民地だったから、
白人が上…という固定概念があるのかなんなのか知らないけど、
やたら白人に愛想振りまく中年以上の香港人が多い。

 

先日もパートナーと一緒に買い物をしていると、
白人客がおり、すごく不自然な慣れない笑顔でニコニコしながら
対応しているおっさんがいた。

その後、ワタクシのパートナー(広東語ネーティブ)が
広東語で話しかけた瞬間、凄いふてぶてしい顔つきになり、
接客態度もものすごくそっけなくなる。

 

その手のおっさんに、例えば、同じく外国人である
ワタクシが英語で話しかけようものなら

 

軽く舌打ちし、
「ここは香港なんだよ!英語で話しかけてくんじゃねーよボケ」

 

くらいの塩対応ならぬ、唐辛子対応をされる。

 

香港の中には、ABCよばれる人間が存在する。
America (あるいはAustralia)born-Chinese 。

アメリカ(オーストラリア)生まれの中国人だか
中国系アメリカ(オーストラリア)人を表す言葉である。

中国語も話し、英語もネーティブレベルで話し、
かつ、外見は自分たちと同じ人種なのに、
白人ナイズされている…

…という部分に妙な劣等感を感じるこの中年たちは、
ものすごい憧れ・嫉妬から

 

「なんで中国(香港)人のくせに英語で話しかけてくるんだボケ!」

 

くらいの反応をするのである。

 


また街中には、ABCのふりをしたい
エセABCかぶれ、もどきの人たちも
香港には存在する。

そういう方たち、ものすごい訛った香港英語
"Open the door for mommy la~"とか
子供に英語で話しかけているので、
色々不思議な気持ちになる次第である。


そういう人たちに対し
「お前は俺たちと変わらないローカルだろうが!インテリぶりやがって!」

な、反発があるのでしょうな。


なので、ワタクシが英語で話そうものなら、
恐らくワタクシは、ABCに憧れて、ABCぶってる
恥ずかしいエセABCくらいにしか見られないのであろう・・・

 

 

…つーか広東語流暢に話せるなら
そんな不便なことしねーよボケ!

 

 

と思う次第であるのだが、、、
そろそろ広東語、何とかしないとなぁ…と、
思う今日この頃でもあるのである。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村