読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

歯医者の仕上げ

香港の歯医者の治療は早い。

 

日本なら毎週1回、数回通って
ようやく完治すると思うのであるが、
2~3回の治療で終わる。

 

ちなみに、アポを取った3日前に、突然メッセージが入り

 

「セラミックのかぶせ物、今日届いたけど、もしよかったら今日来る?!」

 

とのこと。

 

ありがたいなぁと思いつつ、早速歯医者へ行くと、
早速麻酔を喰らうワタクシ、。

 

「さ、うがいして!」

 

と言われ、

 

口に違和感を感じながらうがいをして、
いざ、かぶせ物を取り出した歯科医師が突然

 

 

「・・・あ。」

 

 

とつぶやく。

 

 

「…あ」ってなんだ「…あ」って?!

 

 

「今確認したんだけど、、、これ、
素材がオーダーしたものと違う!!
すぐに送り返して作り直させるから!!
また来週きてもらえる?」

 

 

との事…

 

麻酔の効き始めたワタクシの歯茎は…

 

…痺れ損かい!!

 

と、若干憤ってみたのであるが、
ごまかす人も多い香港で、チャント直前に気がついて
ストップ掛けてくれたのでよしとするかと思ったワタクシ…

 

 

帰りがけ、悪いと思ったのか、
なぜか歯磨き粉を10本くらいプレゼントされるのであるが…

 

 

…そんなにいらねーよ!

 

 

…と思ったことは若干内緒である。

 

 

 

そして、仕方なしにクリニックを去ると、
助手が物凄い勢いで走ってくるのである。

 

 

何かと思ったら、

 

 

「あれ、やっぱり大丈夫だったみたい!」


とワタクシを連れ戻しにきたのである。

 

 

あまりの展開の速さに若干ついていけないが、
せっかく麻酔をかけているので、
そして今日終わるのであれば
終わらせて頂こうと診察室へ戻った次第である…。

 

 

手際よく作業を進め…

「完璧ねっ!」

と仕上げた歯科医師…
さすが元同僚N子が太鼓判を押すだけあり、
やはり完璧な仕上がりなのである。

 

 

家に変える途中、日本に住む母からメールがあり
時を同じくして歯医者に通っていたらしいのであるが、
治療費は14万円したらしい。

 

ワタクシの治療費も約18万円だったのではあるが、
会社の保険で大分カバーされるので助かってはいるが、
やはり歯は高いのだなぁ…と痛感した次第である、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村