読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

イライラするのはワタクシが悪いのか…?

f:id:bloggenic:20170406141233j:image
*車道の中央を堂々と運転する自転車…。


イライラの周期が巡ってきたワタクシ。

 

なるべく心を落ち着かせ、
なるべくトラブルを起こさないよう、
なるべく人と接さないように
細心の注意を払っていたのだが、、

 

・・・本日も爆発寸前の出来事が…。

 

 

いつもの様にジムに出向いたワタクシ。

 

まず、更衣室で、「オゾン層を破壊する気か?!」くらいに
デオドラントのスプレーをぶちまけている若者を発見。
あまりの量に、バルサン並みに霧が立ち込めているのだが、。

 

その後、その若者はそそくさとその場から退散。
その直後に来た50くらいの香港人、
それを見て、ぬれたタオルでバッサバッサと霧を散らす…

 

…当然、そのぬれたタオルの水滴が
こっちに飛んで来るのだが、まったくもって、お構いなし。

 

その後、一通りトレーニングを終え、
サウナへと向かうと、普段はスチームサウナと
ドライサウナがあるのだが、その日はスチームが壊れており、
ドライサウナのみ利用可能となっていたのである。

 

そのため、当然ながらいつもより、人口密度が若干高めとなる。

 

隣にいた年のころ60くらいの香港人が、
突然、体中をさすり始め、汗を払い始め、
太ももを叩いたりして暴れ始めた。

 

当然、隣にいるワタクシや、反対の隣にいる人に
汗が遠慮なく飛び散ってきて、迷惑なうえ、不愉快なので、
カナリ丁寧に、カナリ笑顔で、カナリ角が立たないように

 

「汗が飛び散っているのでやめてくれませんか」

 

とお願いをした…ら。

怪訝な顔をし、
「Again??(なんだって?)」

と。

 

 

取り乱さす、なるべく心の平安を保ち

 

「汗がね、飛んでるんですよ。周りの人に。やめてもらえます?」

と再度お願いNot指摘・忠告・警告。

 


角が立たないようにいってるんだから

「お、悪い悪い」とかで終わればいい話。

 

ところが、香港人の辞書に謝るなんてない。

 

露骨に嫌な顔を下うえ、
舌打ちをし、


「何が悪いんだ!」

 

くらいの顔をして睨んできた。

 

 

同じアクションをして汗を飛び散らせ
「どう思う?」って言ってやりたい衝動に駆られたが、
我慢我慢。

 

円満にことを終えるため

 

「Thank you」

と、
満面の作り笑顔で終わらせてやったのだが、。

 


帰りに立ち寄ったレストランでは、
親が子供を土足でテーブルに上げて
躍らせていたのであるが…

f:id:bloggenic:20160208122506j:plain


日本と違い香港の床は相当不潔なので、
そういうところを歩いたであろう靴で
食事をする場所に上がられるのは
気分が悪い…。

少し離れたところだったから良かったけど、
これで隣とかだったらワタクシは
どう注意するのだろうか・・・と思った次第である。

 

 …これでイライラするのって、
ワタクシが悪いんだろうか…。

まだまだイライラ期間は続きそうな予感である。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村