読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

面倒くさかったらサービス拒否

f:id:bloggenic:20170203162857j:image

香港のサービスは、全くもって期待してはイケナイ。
基本的に無愛想だし、やる気ないし、客は邪魔者であって、
店に利益をもたらしても、担当者個人に利益はもたらさない。

 

ワタクシが通うジムでもワタクシのパッケージには
タオルの貸し出しは付いているのだが、
毎日通っていようと「タオルください」って言わないと
タオルは出てこない。

 

ところが、最近、流石に顔を覚えられ、顔を見ただけで、
タオルが用意されるようになったので、その担当者のみについて
評価を勝手に上げたワタクシ。

 

…しかし、翌日事件は訪れる。

 

おそらく初めて見る顔のレセプション。
ワタクシがジムにチェックインするのは大体5時前。
ピークの時間よりずっと前である。

 

大体レセプションの人は、奇数の鍵(上の段のロッカーの鍵)を渡してくる。
ところがその日渡されたのは下の段。


…ワタクシ、ひざを痛めており、しゃがむのがきつかったので、

 

「上の段の下さい」と申し付けたところ

 

確認もせず

 

 

「もうないから」

と言われた。。。
こんな分かりきった嘘を言われて黙っているワタクシではない。


「あの、、、ロッカーいくつあるか知ってる?
もし全部上のロッカー使われてたら片方の性別の会員だけで
すでに150人チェックインしてることになるんだけど…。
3年ここに通ってて、そこの歩道橋から中見えて、
そんな混んでないし、まだ5時前なのに全部埋まるわけ無いけど」

と鍵を差し出すと、

 

舌打ちを食らい、物凄く面倒くさそうに
鍵を突き出され(Not渡され)、
さっさと消えろ位の扱いをされたワタクシ…


更衣室へ行くと、案の定、上の段のロッカー、がら空き…。

まぁ、上の段のロッカーが良いなんていうのは
ワタクシのわがままではあるが、
レストランやらなにやら、いろいろなところで
「苦情を申し立てて、初めて当然のサービスが、
嫌々ながら受けることができる」
なんて事は日常茶飯事である。

文句言ってぶつかって嫌な思いをしてまで当たり前のサービスが欲しいか、
面倒くさいからと受け流すか…コレは選択が迫られるところである。

 

 

先日、割と暗めのバーへ行き、ビールを頼んだ際、
遠目からでも分かるくらい、黒い物体が泡に浮かんでおり、
受け取ったワタクシ、その物体がGの小さいものであることを確認…

 

その場で速攻、「コレ嫌だ」と言ったが、
特に謝られることも無く

 

「あぁ、、」といい、グラスを持って返った。

 

店員は中身を捨て、同じグラスを洗うことなく、
そのまま新たにビールを注ぎ、何食わぬ顔をしてもってきたので、
本当に気分を害されたのであるが、
面倒くさかったので、何も言わず飲まずに帰ったワタクシ、、、。

香港のサービスが向上する日は来るのであろうか…。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村