読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

「つとめる」と「働く」の差とは…

定期的にマニアックな日本語の質問をぶつけてくる
日本語教師 I。

その日は、

「つとめる」と「働く」は何が違うのか

という質問を食らった。



すると、即座にいつものように例文を考え始めるワタクシ…

つとめる…つとめる…

近所のおばさんに朝すれ違って「あら、おつとめですか?」
自己紹介した後質問されて「お勤め先はどちらですか?」
病院につとめる…いや?病院「で」つとめる?
おつとめご苦労様です…!

っていうか、そもそも「つとめる」って「勤める」?「務める」??
「きんむ」に使われる漢字じゃ…そっか!・・・「勤務」

・・・両方使われてるじゃないか!!!!

Why~ Japane…(略)


「銀行で勤める…」と口走った際、
「銀行『に』勤める…じゃない?」と突っ込みを入れられたワタクシ…
一応ネーティブなのに…情けない…

そこから踏み込んで調べ始めて至った結論は
「働く」は、頭や体を使って仕事をすること。仕事をすることそのものを指し、
「勤める」は、会社などの一員となって、その会社の仕事をする
である。

 



「それって、すごく似てない?」と言われたので、

「そう、定義がそもそもすごく似ているので、
それほど厳格に使い分けされるほど違いの出る言葉じゃない」
「それより、その会社に雇われているかどうかという差と、
使い方(働くには「で」、勤めるには「に」)を覚える方が重要」と説明。


…ワタクシの説明が誤っていたら、日本語教師をはじめ、
多くの日本語学習者が犠牲になるのであるが良いのだろうか…

もちろん、それを生徒に言う前に、上司にこの説明で良いか確認を取るよう
申しつけている次第である。。。

まだまだ知らない日本語まみれである…

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村