読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港人とガチャ切り文化

香港人は電話を切るのが速い。

「お電話頂きましてありがとうございました。
またの御利用をお待ちいたしております」

・・・なーんてフレーズがあるとすると
「お電話頂きま・・・」くらいで切られることもシバシバ。

それを、、言ってる側の人間が言い終わる前に切る事もあり、
香港人に顔をつままれたような顔になるワタクシ。

・・・しかし、無理もない。

 

例えば某銀行H○BCに電話をかけたりすると、
無駄に「○○の場合は1を・・・xxの場合は2を・・・」などの
ガイダンスが流れ、しかもそのガイダンスの合間に
宣伝をはさみ「○xの場合は3を・・・」など行われ、
オペレーターと話すまでに大体5分くらいかかるのである。

しかも、無駄にアカウント番号とかを入力させられる上、
オペレーターが出ると、また同じ情報を求められるのであるが・・・

・・・何のための入力なんだ・・・。

その上、
「あーその質問でしたら、こちらへおかけ直し下さい」と言い、
メモ取る隙を与えないスピードで頭から最後まで電話番号を一気に言う。

そして、ASAPで切ろうとするのである。チョット待て。

転送しようともせず、電話をかけると、またガイダンスにしたがって
5分くらい入力をしなければいけないので、煩わしいのである。

オマケに求めてもいない商品の宣伝なども始めるので、
不愉快極まりない。



・・となると、その人間に用がないと分かった瞬間、
時間を潰していてもしたないので、すぐに切るのである。


それが習慣となり、すぐに切るのではないかと思われる・・・


・・・えぇ、何を隠そう、ワタクシが切るようになってしまったのである。

相手が切るまで待つ心のゆとりを取り戻さなくては・・・
・・・と思う今日この頃なのであった。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村