読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港での引越しとトラブル~ネットの回線~

引越しに伴い、ネットの開通先も変える必要があり、
業者に連絡を入れたワタクシ。

外国人が英語で新しい住所の連絡をするのだから、
電話より、メールの方が間違えがないだろうとメールをするも、
3日経っても返事なし・・・。

・・・痺れをきらし電話をしたワタクシ。

すると、長ったらしいガイダンスに従い、
オペレーターにつないでもらえるまで焼く5分。
つながったかと思えば、そこから2分待たされ、
やっとオペレーターにつながったかと思えば

「引越しの手続きは電話で貰ってます」

と一言。

っていうか、返事送れよ・・・

と思ったのだが、気にせず予約をすると、
「6時から8時の間に行きます」と言われ電話を切る。


・・・お分かりの通り、こんな時間の目安、あたるわけがない。

結局3時ごろ「今から30分で行くけど良いか?」と言われ、
その時は丁度IK○Aの人が家具を設置に来ていたのだが、
まぁ、良いか・・・と、招き入れる事にしたのだ・・・


・・・が、


いつまで経ってもネット屋来ない・・・

 

結局1時間くらいして再度電話が来て、
「今、家に言ってるのに誰もいないじゃないか!!」

と怒られる。逆ギレもいいとこだ。

よくよく話を聞いて見ると、古い住所に行ってるとのこと・・・。


・・・百歩譲って、自分の電話での話し方が
誤解を招いたとしても、そのとき現在、サービスを受けている住所は
ネットの会社で分かるはず。

A⇒Bへ引っ越すから、Bに着てね

の連絡で、

A⇒Aへ引っ越すから、Aへ着てね

なんて、普通に書類を見れば分かるだろうが・・・

しかし、前の住所から新しい住所へは歩いても2分なので、
さっさと来るように言ったら、


「カンパニーポリシーで行けないから会社とやり取りしてくれ」


と言い放つ。
でた・・・あっても無いに等しい、抜け穴だらけのカンパニーポリシー。

結局、会社側と電話をし、再度ストロングリー・コンプレイン。
どうやらドライバーの勘違いだった様子。



そして、結局6時から8時に行く電話でいわれたのにも関わらず、
5時半にやってきた業者・・・。

・・・最後に伝票にサインを求められ、確認すると

しっかり、元の住所と新しい住所が記載されているのだが・・・。


・・・いい加減、、、真面目にやっていただきたい・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村