読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港人から受けた日本語の質問 3

f:id:bloggenic:20160427231915j:image

こちら、Nさんです

と、日本語教師から生徒の皆さんに紹介をして頂いたワタクシ。


「こちら」というのは、
自分が第三者の人間を紹介する際に用いる言葉である

…と、教わっていたらしく、


「でも先生、『こちら、Nです』っていう場面ないですか?」

と聞かれ、困ったワタクシ。

時に電話会議や、トランシーバーなど、
「こちら、Nです」と自ら名乗り挙げる機会がなくはない…。

「英語で言えば『I』だし、広東語で言えば『我』という意味?」

と聞かれると、
突然、目の前にいる人に「こちらNです」などと自らいうこともなく…

…困った。


また、
「あの」と「その」の差がよくわからないと。


例えば「その事件」「あの事件」

Whhhhy Japanese people?!どうやって使い分けるんだよー!!

…などと聞かれても…。


一瞬どちらも同じ意味で言い換え・置き換え可能と言いかけたのだが、
果たしてどうしたものか…。


・携帯の電源がなくなりそう
・携帯に電池を入れる(意図していたことは、電源を入れる)
・携帯の電源が切れそう
・携帯のバッテリーが消えた(意図していたことは、なくなった)

…あ''ー!!ちょっとずつなんか間違えてるぞ!!


もちろん、これらの質問には先生がしっかり答えていくのであるが、
語学って…果てしない…。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村