読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

不動産探し

f:id:bloggenic:20160427212233j:image

 

現在のアパートの契約の終了が6月頭に迫り、
アパート探しを始めたワタクシ。

いつもなら、適当に住んで見たいエリアへ行き、
不動産屋に入り、予算と希望を良い、物件を提案してもらう。

今回は既に住みたいビルが決まっており、
直接そこをピンポイントで狙いに行ったのである。

場所も開けた場所だし、雰囲気も良い・・・はずなのであるが、
改めてその場に行ったときに、「ここに住むのか??」
と、何となく違和感が。

そして、それから同じビルの空き部屋を15件くらい見て回ったのであるが、
部屋が綺麗でも広くても、何かがしっくり来ない。

綺麗なオーシャンビューだが、隣りを見ると、
無数の近所の目・・・

・・・外から見たほど開けておらず、外観を見たときと、
内側へ入ったときの印象が異なり、
そこに住む自分というものをあまりイメージできなかったのである。

あまりに色々回りすぎて疲れた帰り、
たまたま通りかかった不動産屋で、
何か入らなければいけない気がして、
意識朦朧とするなか、吸い寄せられるように入店。


「あそこのビルを見てきたんだけど、なんかあわなくて・・・」


な、話から始め、

「新築の建物があるので、参考までに見てみませんか?」
と言われ、見に行く事に。

そのビルの広告は他のエリアでも何度も見たことがあり、
気にはなっていたので、まぁ、参考までに
見るのは言いかと出向いた…


・・・ら、


「あ〜この部屋に住むんだなぁ〜」

という、漠然とした気持ちが浮かんできたのである。

しかし、そこは新築。
予算もオーバーなら、入居希望者も殺到。
3週間前にオープンしたばかりだが、続々と決まり始めている。

売り出しに出たときも180程度の部屋数に関わらず、
4,000もの応募があったのだとか。

見たその部屋も既に入居希望者が他に3組いるのだとか…。

加えてみんな2〜3週間で入居できる!と言ってるのに、
一人だけ「入れるの…1ヶ月半先ですが…」と言い放つワタクシ。

不動産は縁なので、自然にどうなるか任せようと思った次第である。

しかし、ありがたいことに「日本人」というだけで、
部屋をきれいに使ってくれるというイメージが強いらしく、
実際にオーナーと面接したところ、気に入って頂き、
ワタクシに決まった。

・・・決まったのはいいのだが、

前金2ヶ月分、家賃1ヶ月分先払い、
不動産業者への手数料が0.5ヶ月分…。

…この前、ジムの会費を3年分更新をし、
パーソナルトレーナーを雇ったばかりなのだが…
加えてそろそろ、所得税の請求と、
積立保険の支払い…今月は、何があったのだと思うくらいの
支払い地獄である…。

これを受け、日本での休暇の予算を大幅に減らすワタクシであった…。



おそらくこれだけ出費が1ヶ月内の間に発生するのは人生初めてである。
それだけに不安が大きいのだが、これを乗り越えるのが今の課題の様子である。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村