読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

日系のクーリエなのに…。

f:id:bloggenic:20160417230037p:image

道路のど真ん中を台車が通るってどうなんだろう…


先日、香港にある日本の米をオーダーしたワタクシ。

その際、日系のクーリエが使われたのだが、
普段、クレジットカード決済にするのに、
誤って、代引きを選択してしまったのである。


…その辺の修正が、出荷前に出来ないシステムもどうかと思ったが…


とりあえず、代引きしたことないし、経験として良いかと思い待っていた。

香港はある種、デリバリーサービスが盛んである。
ランチのオーダーも、日用品も、グリーンスムージーもサプリも…
オーダーしてすぐに配達してくれるのである。

・・・が、

凄い形状で配達されたり、
配達の時間がメチャクチャだったり、
色々ストレスになる事は多い。

その点、日本のクーリエは、
事細かな部分でシッカリしているなと感じた次第であるのだが、、、

・・・このたびは、その期待を見事に裏切られてしまった・・・。

代引きの料金が細かく、50ドル(730円くらい)多く支払ったら、

そのまま、

「Thank you」

と言って、立ち去ったのである。

サンキューじゃねーよ

と、
一瞬、目が点になり、

「いや、あのお釣りないの?」


というと


「ない」

と、当たり前の様に答えながら、なおも身体は出口へむかっている。

・・・つり銭も持たず代引きの商品を届けに来るって、一体何をやっているのだろう。


そして、同僚に両替してもらい、崩したが、ピッタリはなかったので、
2ドル(30円弱くらい)のお釣りになったので、まぁ、これくらいなら
良いかと渡したのだが、当然の顔をして帰っていった…。


あまりに頭に来たのと、日系の会社で
こんなサービスを香港でやるのはどうかと
コンプレインのメールを出したところ…


返事なし。


オマケに、その夕方頃、コンプレインの連絡を受け、
ワザワザ2ドルを戻しにやってきたのであるが、
ワタクシ、離席しており、小銭が無造作に机に置かれていただけである。


香港は現金主義なところがあるので、
「金を払えば文句ないだろ」
という姿勢は非常に見受けられる。

金を払ってるんだから、ホテルの部屋をどう汚く使おうが自由だろ!

とか、

金払ってるんだから、ゴミはそのままにしていってもいいだろ!

とか。

そういう扱いをされた気になり、残念に思った次第である。


その後、再度コンプレインし、
カスタマーサービスから返事が届いたのであるが、

「今回の件は、弊社社員がとんだ不始末をしでかしまして
まことに申し訳ございませんでした」

との返答が…。

恐らく日本人の方の返答だと思うのだが、
…とんだ不始末をしでかして…って…。


もう少し安心して利用できるサービスが
増えると良いなと思う次第である…。


にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村