読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

グルテンフリー生活

f:id:bloggenic:20160405235855j:image
*最近ハマっている米粉から作られたグルテンフリーのペンネ

 

巷ではやっているグルテンフリーなるモノに
興味を持ったきっかけは同僚N子の口コミだった。

彼女がおすすめしてきたテニスプレイヤー、ジョコビッチの本を読んだ。
ジョコビッチがグルテンの摂取を止めたところ、
ただでさえ、パーソナルトレーナーをつけ、一日中練習しているような
ストイックな人が、更に瘦せ、パフォーマンスも上がったのだとか。

その本の中に、グルテンのもたらす弊害が色々紹介されており、
アスリートでもないワタクシが「パフォーマンスが良くなるなら」
と、試みて見ようと思った次第である。


・・・が、


ただでさえ小麦粉好きな人間である。
意図的にパスタ、ラーメン、お好み焼きなどなど、
粉を避けたところで、しばらくした後、

ビールを一口のみ
「しまった!これ、グルテンだ!」

などという失敗を散々やらかした次第である。

またお手軽なお土産や差し入れ、、、
例えば、クッキー、エッグタルト、ケーキ、、など
グルテンはそこら中に潜んでいる。


・・・これは、抜本的に食生活を見直す必要があると感じた次第である。




そこで、まずは「グルテンフリー」はハードルが高いので、
「グルテンレス」から始めた次第である。

それから、徐々にグルテンフリーに移行したのだが、
正直、グルテンフリーをしているときに変化は感じなかったのだが、
1週間位してから、改めてグルテンを摂取したとき、
胃腸の悲鳴を感じた次第である。

胸焼けのような重さを胃腸に感じ、
妙に食欲を促されているような違和感を感じたのである。

そして、再度グルテンを控えたところ、
その症状がピタリと止んだのである。

・・・言われて見れば、体重も2kg落ち、
ジムでのパフォーマンスも上がったような…
*注:アスリートではない。

初めて米粉のパスタを食べたとき、あまりのマズさに落胆したのだが、
同じく米粉のペンネを食べたとき、違和感なく美味しく頂けた…

…など小麦粉の代替品も徐々に見つかり始めたので、
若干値が張るのがネックではあるが、今後もなるたけ、
グルテンフリー、あるいは、グルテンレスの
生活を続けて行こうと思った次第である。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村