読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

Namie Amuro Livegenic in Hong Kong

f:id:bloggenic:20160324123443j:plain
日本から安室奈美恵が香港にライブをしに来た。

彼女の人気は香港でも高く、
これまでにもMisia、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなども来たが、
箱のサイズと集客力、オマケにチケットの値段は桁違いである。

香港でライブが行われる場合、席によって値段が異なる。
このたび入手したのは一番前のブロックに当たる席で、
値段はなんとHK$1,680(2万4千円強)。

*ちなみに同じ会場で以前に浜崎あゆみがライブを行った際、
一番前のブロックがHK$780(1万千円強)、
一回り小さな会場でMisiaがHK$880(1万3千円弱)であった


この日は、香港だけではなく、マカオや台湾からはるばる見に来た人もいる。

さすがに1番前のブロックなだけあり、顔も表情もくっきり見えたのだが、
プロポーションがマネキンのそれである。スタイルが滅茶苦茶良すぎる。

この人って本当に実在するんだ…と思った瞬間である。当然である。

歌い始めて、踊り始めて、驚くほど小さな身体からあふれ出す
スピード感が、迫力が、存在感が、オーラが…
全てにおいて「この人は本当にスターなんだなぁ」と痛感したワタクシ。

思いっきり激しいダンスが続いた後半戦の終盤、
細い身体で倒れるのではないかというくらいパワフルに踊り続け、
歌い続け…そんな姿に感動し、バラードではなく、
攻撃的な曲にもかかわらず、文字通り泣き始めるファンも多数目撃。

更に、ファッション、映像、楽曲…全てにおいて2015年-2016年の
トレンドの要素が絶妙に織り交ざっており、その手の業界の方たちも
「2016年の企画を提示したショーの様だ」と太鼓判を押す。

作詞や作曲をするわけではない彼女を「アーティストではない」と
言う人もいるが、これだけ愛され、支持される理由は
ライブを見れば明確である。

作詞は作詞のプロが語呂や韻、語感や響きを考え組み立て、
作曲は作曲のプロが踊れるものを用意し、
振り付けは振り付けのプロがトレンドに合わせ行い、
演出は演出家のプロがダンスとのバランスを考え、
ファッションやメイクも、その道のプロが、その年の企画を取り入れる…

各方面のプロのコラボレーションの指揮をとり、
その年の企画を打ち出し完成させるのが、
安室奈美恵、本人なのだなという
創造性を感じずにはいられない。

それに、どんなに一流の人間が最先端の物を
あてがったとしても、似合わなければ意味がないし、魅了されない。
何でも上手く着こなし、歌いこなし、踊りこなし・・・
人々が彼女に魅了されるのはそういうところにあるのだと思う。

(あまり日本では見ないが)リズムについていけず
半拍遅れで手拍子をしている香港人、
「なぜそこで叫ぶ!」という香港人や、
当然の様に写真を撮り始め注意される香港人などもいたが、
最初から最後まで全く目が話せない真剣勝負のライブであった。

チケットは若干高かったけれど、
お金を払ってこれが見られるのであれば、
また是非見させて頂きたいと思った次第である。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村