読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港の授業~教員編~

f:id:bloggenic:20160324003345j:plain

先日、講義の板書を全て撮影をする学生について書いたが、
教員達の中には、許せない一線があるらしい。

…それは、香港人の教員同士の仁義なき戦いである…。


大学で教えている教員の一部は契約社員、パートタイムである。
彼らは、正社員を目指し、評価を気にし、他人を蹴落としてでも(語弊あり)
自分は正社員になろうと必死である。


某大学で教えている教員Cは、数年来のベテランだが、
パートタイムの契約である。

そこに2年前から新しいパートタイムの教員Sが現れた。
どちらも香港人で同じ教科を教えている同僚である。

そして、学校側からの指示で、先輩に当たる教員Cの授業を
見に行くよう、言われ、Sは見学に行ったのである。

そこで、Cが生徒達に対し、ジャンジャン撮影を許可していたので、
Sも同じく撮影をしたらしい。

・・・が、

授業のあと、教員Sに対し、
「撮影した画像は全て消しなさい」
「私の授業のコピーをすることは契約で禁止されているはずだ」
「コピーライトを知らないのか」

などと、お叱りの言葉を言い放ったらしい。

コピーライト・・・などと言っても、
同じ大学で、同じ教科、同じ教科書を使っている
同僚同士…教科書の内容に基づいて作られたパワポなのだが、
そこまで手厳しく禁じる必要はあるのであろうか…。


それより、授業中の学生の撮影の方がよっぽど気になるワタクシだが、
恐らく生徒からのフィードバックが正社員への大切な要因になると
信じている様子である。

上司に当たる人間、正社員には、いつも笑顔のCであるが、
ライバルに当たるSに対しては、何かと手厳しいのであった。

 

転職だの離職だのする人がたくさんいる香港で頑張る彼らこそ
正社員になっていただきたいなと願う所存である。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村