読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

SIMカードの再発行

f:id:bloggenic:20160311095001j:image

出たころと比べ、どんどん小さくなっていくSIMカード。

先日、日本へ遊びに行った際、
プリペードのSIMカードへ入れ替えたのだが、
その際に元のSIMカードを紛失したワタクシ。

何でもかんでも小さくすればいいというものではない…

と、自分の管理能力の低さを棚に上げて見るのであるが、
とにかく新しいものを入手しなければ・・・と、
ショップへ赴いた。

当然広東語でどうしたのこうしたの言われるので、
平然と英語で返すワタクシ。

その瞬間、6割くらいの店員、突然面倒くさそうな顔をする。

これは広東語を話さないワタクシに原因があるので、
仕方ないなと思うが、そこから説明一切なし。

IDを渡し、誕生日と電話番号などを聞かれ、
坦々と作業をし、新しいカードを差し出され終了。

「SIMカード入ってない」って
言ってるのだから、新しいのを入れるとか、、、
入れて動作確認するとか、古いカードは使われてたのかないのか、
そういう説明はいらんのかと思ったのだが・・・

質問をする前に、既に「○○番のカードを持ってる人!」って
次の客を呼び始め、強制退去させられたワタクシ。

仕方ないので近くにいた店員に
SIMカードを取り出すピンを借り、
入れてみるが・・・


…作動せず。


その店員に聞くと「10分位してから再起動してね」との事。


・・・それはカウンターの人が言えば済む話ではないだろうか。


しかし、カード自体、すぐに発行されたうえ、
料金も掛からなかったので、一応・・・
えぇ、一応・・・しっかりしてるなぁと思った次第である。



後日、「ショップでの体験のフィードバックを下さい」とのメールが届く。
サービス向上のためのサーヴェイをしているのであれば協力しようと、

店員は終始Unhappyな様子だった」から始まり、
全く何も説明がなかった」や
でも手際が良くて速かった

など、

素直な感想を全て書いて送信。

・・・反映されるといいなと思うが、
その辺は別に香港人に求められていないのであろう…。

とりあえず、電話が元通りになり一安心した次第である。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村