読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港の不動産バブル崩壊・・・か?

f:id:bloggenic:20160224005433j:image*Conrad Hong Kong Hotelの部屋から撮影

香港の住宅価格は世界で最も高いといわれている。
そんな香港の標準の住宅価格は世帯の平均年収の19倍なんだそうだ。


凄く古くて狭くてボロい独房の様なアパートの家賃が、
平気で月10万円を軽く越すような街であるのだが、
そんなトチ狂った不動産の終焉を告げそうなお知らせが、
ロイターよりリリースされた

 

【中国の視点】香港の不動産バブルはついに崩壊か、用地の公募価格は70%暴落 | Reuters

用地の公募価格は70%暴落
香港の不動産バブルがついに崩壊し始めているとの見方が出ている。

------

香港経済を支える小売業や不動産業の低迷を受け、香港経済が一段と低迷すると警戒されている。

 
また、2016年2月22日の太陽報でも、
今年中に家賃が25%は下落するであろうと報道があった。


今まで、「来年末まで」だの「3年以内に」など
どれだけ先の天気予報でもしてるのだというくらい、
結論「ま、いつかは下がるよ」っていう当たり前の記事で、
肩すかしされてきた人たちもたくさんいるかと思われるが、
今回は「今年中に」と書かれている。



そんなワタクシ、先日、スーパーへ買出しへ行った際、
チラッと見えた不動産屋の広告・・・

「ここに住めたら素敵だなぁ・・・」

と、以前から思っていながら、予算的に絶対無理って
物件の家賃が13万円くらい下落しており、
「ここから更に値引き可能」の文字が…。

…一瞬、本気で荷物をまとめようかと思ったワタクシ・・・。

しかし、香港経済が上手く立ち行かなくなると、
自分の仕事に影響が出たり、友人が大変な目にあったり・・・
そして、日本に影響が出たりしたら嫌だなぁ・・・などと
両手離しに喜べない自分もいるのである…

色々大事にならないと良いが…

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村