読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港人とバレンタイン

今週のお題「バレンタインデー」

 f:id:bloggenic:20160214220938j:image

香港人男性はレディーファーストの扱いにたけている…
…あるいは、香港人女性にレディーファーストを強要されている気がする…。

旧正月もひと段落すると、次のメインイベントは、
バレンタインである。

ロマンチックなバレンタインディナーを演出するため、
男性達は前もってレストランをリサーチし、
予約をし、女性のエスコートをしなければならない喜んでする。

・・・それだけにはとどまらず

もっと、大切なミッションがバレンタインには存在する。

・・・それは、、、

花を、女性の職場に配達する事である。

普段、300ドル(4,500円くらい)程度で買える花束が、
バレンタイン時期になると、ミニマム800ドル(12,000円くらい)からになり、
更に配達料を取る店もあるとかないとか・・・。

バレンタイン当日は、港女も朝からソワソワしている。

一番に花が届いた人は、
本来サプライズであるべきものなのだが、
完全に花が届く事を想定しているのにもかかわらず

「やだーうれしい~!」

などと、回りに見せびらかし、
そこから30分くらいは写真撮影タイムが始まる・・・

 

…仕事しろ。



そして、配達が遅い子なんかは、
段々イライラし始め、
届いた花が回りより小さいと怒って彼氏に電話する人も・・・

 

・・・いや、これ本来サプライズじゃないの・・・?!

しかし、この花束攻撃、
本来の「好きな相手へプレゼントしたい」という目的より、
「自分のことを想ってくれている人がいる」アピールを
港女が回りにしたいだけで、男性がそれに付き合わされている
ようにしか見えないのである・・・。


現に「面倒くさい」などと嘆く港男もいないわけではない。。。

また、今年のように日曜日が当日となると、
バレンタインと全く関係ない2月12日(金)など、
一番近い平日に花束が贈られることになる。

あくまでオフィスに届け周りに見せびらかす事が目的であるので、
二人であったときに直接手渡しでは意味がないのである。

新卒や、20代前半でそういうのなら微笑ましいが、
良い年した大人の方までそういうことをしていたりするので、
精神年齢が若いなぁ・・・というか、見栄っ張りだなぁというか・・・

・・・そこに全くロマンスを感じないワタクシ。

*皆が決まりの様にしていることをするより、違う事をするほうが個人的に好きである。

しかし、日本では、なぜか、女性がチョコレートを
男性に贈る日になっているが、バレンタインに、
女性が男性へ一方的に贈り物をするという国は、
日本以外にあるのだろうか・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村