読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港人の友人

公共の場で出くわす赤の他人香港人は、
結構手厳しく、攻撃かと思うような仕打ちを
してくるような人達が多い。


しかし、一度打ち解けてしまうと、
非常に驚かされるほど、面倒見が良いという一面もある。


以前、クリーニング屋に洗濯物を預けたところ、
戻ってきた白いポロシャツに黒いしみが無数についており、
それを店側に報告(NOT苦情)したところ、

We will do our best!(最善をつくすぜ!)

と、再度洗いなおしてくれることになった…

 

…のだが、

数日後、ピックアップして見ると、エンブレムや、
襟の柄などが、著しく変色しており、
明らかに漂白剤を使った様子。

…これがお前らのやりか…(以下略)
最善を尽くすと言ったクリーニング店の人間が、
エンブレムや柄のついた服に漂白剤を使ったら
何が起こるかなど、想像すらできなかったのであろうか。。。

・・・ま、その道の人間が、自分の仕事をする上ですら、
これだけ危険予測も、危機管理も、想像する事も
出来ないのであるから、街中で人がぶつかってくるのも
無理もなかろうと思ったが、

一応、低姿勢で再度、店側に報告(NOT苦情)をしたところ、
まだ、苦情にすらなってない段階から、

 

 自分達は悪くない!!


 の一点張り・・・。

何を言っても話すら聞かず、
話し合いにもならず、

 

「帰れ!!」
「警察呼ぶぞ!!」



と、大騒ぎする始末・・・。


翌日、香港人の友人と会った際に報告すると
なぜか、ワタクシ以上に燃え上がり、

「今すぐ電話番号を教えろ!!」

と言われ、
脅迫くらいの勢いで苦情を入れてくれた。
そこまで怒鳴らなくても…と若干引いたワタクシ。

*結局その問題は解決されず、泣き寝入り。



また、あるファッションブランドで働く友達を持つ友人は、
「私の友達、○○で働いていてディスカウントできるから、
欲しいときはいつでも言ってね!!」

と、紹介してくれたり・・・

ちなみに、ワタクシ、そのブランドで働く、友人の友達には
お会いした事がなく、お願いする立場ではないのだが・・・


そして、あるときには
「今度、カナダに旅行に行くから欲しいものがあれば言ってね!」

と聞いてきてくれたりもするのだが、カナダに縁もゆかりもない
ワタクシ、一体、カナダでしか手に入らないものに何があるか
分からなければ、知らないものをワザワザ他人の手を煩わせてまで
入手したいかといわれればそういうものもなく・・・

その他、「この商品良かったから使ってみて!」とか
「これ美味しかったからあげる!」だの、色々与えてくれたりする
友人がいるのであるが・・・

面倒見よく、我が事のように燃えてくれる
心の熱い人達に感謝…

が、しかし、それは同じように、
自分もそういう勢いで友人をサポートしなくては
なら無いということなのかもしれない・・・


・・・そのため、一時帰国の際には凄まじい量のお土産依頼リストが・・・。

ほ、、、他の事でなら恩を返したいと思うが、
こればかりは御遠慮願いたい・・・と思ってしまう
心の小さなワタクシなのである・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村