読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

スパイラライザーでベジパスタ

美容・健康

グルテンフリーを心がけるN子

どうやら何かを見つけたらしく、
少しワクワクした面持ちで話しかけてきた。


N子「ワタクシ、スパイラライザーをオーダーしたわ


N「すぱいらるらいざー・・・??」

また、新しいものに飛びついたものである…。


「この機械を使って、ズッキーニをパスタ状にして、
パスタソースと絡めて食べるの!」


すると、炭水化物だの、グルテンだのを含まない、
健康的なベジパスタができる…というものだ。

 

彼女は新しい美容・健康法が見つかると即実践し、
どんどん引き出しを増やしていく。


「ズッキーニは塩分取りすぎを解消する効果とかもあるから
Nにもオススメよ」

…とN子。
流石に1日の大半隣の席から観察しているだけのことはある…。


N子はアメリカの通販サイトで高級な
スパイラライザーを3万円で購入。

それから、とても美味しそうな仕上がりの
ズッキーニパスタを写真で見せてもらい、

単純なワタクシ、それをみて感化され、
早速真似して、近所のスーパーを駆けずり回り、
探すが、ローカルすぎて見当たらず、
外国人の多いエリアの百貨店にて、かろうじて発見した
Made in Chinaの怪しいスパイラライザーを3千円で購入。


が、しかし、問題はまだあった。


我が家、、、N子の暮らすハイソエリアと違い、
香港の下町、ローカルすぎて、
ズッキーニが見当たらず…。

っていうか、スーパーの野菜コーナー、
漢字しか書かれてない…

 

と、得意のバイリンガル表記はどうした香港?!

などと、ショックを受けながら、半ば意地になり、
それらしきものを見ると、ナンタラ瓜だの書かれており、
イマイチ自信ない中、どっかで見た文字だなぁ〜と思いつつ、
一番最初に選んだのはまさかのパパイヤ

突然思い出し、慌ててカゴから戻し、
それを排除し、仕切り直し、選びに選び抜いたズッキーニみたいな
瓜を購入してワクワク、半分不安に思いながら帰宅。


早速マシーンにセットし、ハンドルを回すと、
いとも簡単に、パスタ状になった瓜が作られ、
楽しくなり、次々にパスタ状におろしてやった。


…が、それだけで満足してしまい、
なんとなくそれを食べる気になれず…。

ワタクシの拵えたそれは、
N子が送ってきた写真のそれとは随分違うような…。

しかも、クルクル回すのがあまりにスムーズすぎて
絶え間なく回し続けたら、担々麺のように果てしなく続く麺
なってしまったというおまけ付き。

そんな一抹の不安を抱えながらも
アボカドのクリームソースと混ぜていただきました…

 

…が、

 

えぇ、嫌な予感は当たっていましたとも。

 

それは、おそらく、ローカルの人々は生では食べない
ナンタラ瓜で、味が・・・いや、臭いが、、、風味が…
なんていうか、、、スイカの緑の部分??

ふた口まで頑張って食べて、
残りはごめんなさいしました。


翌日、N子に報告すると
みんなそうやって失敗を繰り返してうまくなるのよ


と、励まされ、気持ちが落ちる前に、
再挑戦を試みるべく、外資系スーパーへ行き、
ニュージーランド産のズッキーニを購入。


「今度こそ」とワクワク、はやる気持ちを抑えながら
家路につき、頭の中ではどういうパスタにするか
妄想の大運動会である。

早速その晩、また、マシーンで、
今度は本物のズッキー二をパスタ状におろし、
食べてみようと思った矢先、

「いやいや、オリーブ油も調味料もいろいろあるし、

炒めて、もっとよりパスタ風にしてみよう」

と思い立ち、早速無水調理のできるフライパンに移し熱し始めた…


・・・余計なことを


そしたら、今度はズッキーニが本来持っている
水分がだだ漏れしてきて、びちゃびちゃのパスタに・・・。

水気を切り、分けてみたものの、ベタァっとして、
オリーブオイルを吸って、 変な食感になり、
かつ、まだ水分が漏れてきて、パスタソースを台無しにし、
またしても微妙な味に意気消沈するワタクシ…。


教訓:初めて作る料理はレシピ通り作りましょう。
型があっての型破りとはまさにこのことでございます。

 

そうして、二度ばかり使用したスパイラライザーは箱の中に収納され、
部屋の隅へと埋没していくのであった…。

次回の断捨離で姿を消す前に、気が向いたらまた挑戦してみようと思う…。

にほんブログ村 健康ブログ 30代の健康へ
にほんブログ村