Nの苦行・荒行 香港生活

30代の視線で香港での苦行荒行を綴って参ります。

香港生活

弊社のアドミンのおばさん…。

弊社で働いているアドミンのおばさん。 なんというか、こう魂が入っているのか抜け殻なのかよく分からない香港人の中年のおばさんである。他人からの目を全く気にしておらず、行動の一挙一動が全て常識とズレている。ガリガリの中年体系で、対象年齢が全く合…

香港人の商売魂

香港人の商売魂はすごい。多少強引で大雑把でその上傲慢で、いろいろ顧みないので、押しも強ければ、・・・ひきも・・・いや、引かない。ひたすら押し続けてくる。ジムの契約が後2年残っているワタクシ。今年の初めからチェックインするたびに「もうすぐ契約…

マッサージの好転反応

どうにもこうにも身体の調子が悪く、やる気が出なかったワタクシ。 おそらくこれは日本での暴飲暴食による不摂生が祟っていると自覚をしてはいたのだが、明日からまた社会復帰をしなければならないという状況だったので、タイ人の経営するマッサージ屋を頼る…

不可解な行動パターン

*ビックリするくらい指示とは逆方向を歩く人々… 香港人はまっすぐ歩かなかったり、突然進路変更をして体当たりしてきたり、周りを顧みず行動をする人が比較的多い。 それ故、度肝を抜かれるし、イライラもする。 が、最近、日本へ行った際、気がついてしまっ…

やる気が出ないわけ

最近、何事にもやる気が出ない。 家事もやる気が出ず、洗物はたまるし、洗濯物もたまるし、部屋も散らかるし… それだけじゃなくて、運動する気にもなれないし、下手すれば読書したり、テレビ見たり…そういうことすら面倒くさく感じる。 何でこんなにも何事に…

誕生日のサプライズ

香港人の友人Tは以前、職場が近くで、週に一度は一緒にランチをしていた。 昨年、同じタイミングで転職が決まり、それから二人とも新しい職場で忙しかったので、あまり会うことも少なくなっていたのだが、そんなある日、Tが藪からスティックにメッセージを送…

隣に来ないで~トナラーの心理~

香港人は周りを見ない。周りが気にならない人が多い。 ゆえに、自分の目的しか見えていないので、その間に他人がいてもその人たちが見えない特殊な目をしている だからこそ思いっきりぶつかってきたかと思えば、ハトが豆鉄砲を食らったかのように驚く人も多…

刺青と香港人

りゅうちぇるさんがタトゥーを入れたことがニュースに取り上げられていて、どれどれと思って読んだところ、コメントで凄い潔癖すぎる内容が並んでいるなぁと思ったワタクシ。 ワタクシ、特にグロテスクではないタトゥーに対してはそれほど抵抗はない。 と言…

親の危篤

仰々しいタイトルをつけてしまったが、ワタクシの親はまだ健在である。 よく遊んでいるカナダ人の友人E、最近元気がないし、あんまり連絡もしてこないしなんだろうと思っていたら、どうやら母親の癌が悪化してしまったと連絡があったとの事。 そんな友人Eは…

黄大仙の日本語堪能 占い師

先日、友人の主催するパーティーに参加した際、大仙という香港で有名なお寺で占いをやっている人を紹介された。なんでも日本語が堪能とのことで紹介されたのだが、話の流れで占ってもらうことに…。 手相、人相、生年月日など、色々なディメンションから占っ…

なんでこんなところで・・・!!

*1)美容院でブリトーを頬張るおばさん*2)同じく美容院でチューハイとフィッシュボールをつまむおばさん…終わるまで待てないのだろうか。 香港人は周りを見ない。周りを気にしない。周りを慮らない。…人が多く見受けられる。Not全員。ゆえに、広くスペー…

恐怖の賃貸契約更新

ワタクシの様な家を持たない現地採用の人間が恐れていること… …それは、 家賃の値上げである。 今の部屋へ引っ越してからもう2年も経ってしまった事に驚愕したのだが、大家の強気な態度にはもっと驚いたワタクシ。 ある日突然メールにしてきて 「管理費が上…

ダイエット飯、開始

転職してからというもの、同僚との会話が楽しく、お昼は100%外食にしていたワタクシ。 …そんな暮らしも5ヶ月が過ぎると… …そら太る。 特に香港の大衆食堂チャーチャンテンは糖質と脂質のコラボレーション祭りである。 とはいえ、いまさら、痩せていた時何を…

今年の夏対策

ブログをはじめ、早3年弱。 振り返ってみてみると、夏の到来を目前にし、毎年5月ごろになると何かしらの対策を講じていたことに気がついたワタクシ。 昨年までの2年間はパーソナルトレーナーを雇っていた。今年はというと、以前のポストで「ダイエットの誓い…

一時帰国で感じたこと

多くの海外移住者同様、 ワタクシも日本に帰るのはとても楽しみな口である。 …が、 ここ数年、なんだか違和感を感じている。 もちろん、帰る前には 「あれをしよう」「これをしよう」など 逐一考え、ワクワクしてているのであるが、 実際に帰ってみると3日目…

香港の「スマイル指数」が過去最高記録!

接客従業員の笑顔の度合いを調べる「世界スマイル報告」で、香港のスマイル指数が2位もランクアップ!しかも調査開始10年来、過去最高を記録!! などと、銘打たれたニュースに驚愕して目を向けてみたワタクシ。 よくよく読んだら… …ワースト三位を脱出した…

安室奈美恵さん香港公演(ネタバレなし)

誰にでも忘れられない経験の一つや二つ、あるかと思われる。今回の安室さんの香港公演初日は、ワタクシにとって、永遠に忘れることができない、最高のライブとなった。 いつもなら、予めセットリストを見たり、ファンの人たちが書いている感想を見て、気分を…

MTR値上げ

矢印は反対の方向を意味するらしい…。次に来た人間としては、一体どこへ並べば良いのやら… ワタクシが香港へ引っ越してきた頃、近所にお気に入りのタピオカミルクティーがあり、12ドル(160円くらい)で買うことが出来た。 …が、 時は流れ、今や同じ商品は、…

香港で詐欺

先日「香港人のネットワークを持つと~」 などと、さも、「香港の地元の人たちと上手くやってますよ」目線で 香港人ネットワークを語ったワタクシ。 …であるが、 このたび、まんまと詐欺の被害にあった次第である。 事の発端は1月にさかのぼる。 安室奈美恵…

香港人の”コネ”

他人には非常に手厳しい香港人であるが、実は身内にはとても優しい。 優しい、親切のレベルが日本人の基準を上回っている場合もあるなぁとしばし感じる次第である。たとえば、ワタクシが熱を出し、寝込んでいるタイミングで誰かからメールが来たりして 「風…

最近コインランドリーが流行ってる?!

家賃が高く、住居スペースの狭い香港。 この街では、大昔に日本で当たり前になった三種の仁義を持たない人も多い。 カラーテレビ冷蔵庫洗濯機 …おそらくこの中で一番プライオリティーが置かれるものはテレビかと思われる。 スマホが普及してからというものそ…

AI人工知能に関する考察

数年前、中国の大手IT企業のテンセントがネット上で、AIとの会話ができるサービスを開始した際、「中国共産党万歳」と書き込みした人に対し、AIは、「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と突っ込む。 そして、「中国の夢とは何か?」という質問に…

イライラを笑顔に変えてみると…

*写真は参考程度に…を象徴する一品 先日、某オーストラリア系のステーキハウスへ行ったワタクシ。 そこの店員は、態度が酷いことで(ワタクシの中でだけ)有名である。店員を呼んでも気づかないフリをされたり、飲み物の追加を頼んでも10分くらい出てこなか…

ゴールしか見えない

何かを成し遂げる時、雑念、邪念を捨てて、決めたゴールに驀進していく…それはとても素敵なことだと思うし、大事なことかと思われる。 が、 実際、周りとの調和、バランスを考えて上手く物事が進まないのが現実ではないだろうか。 香港人は… …その辺の遂行能…

バスの事故で思うこと

旧正月が開けた香港。 旧正月といえば、香港人、中華系には、未だに1月1日より盛大に祝う習慣があり、毎年、環境問題をだだむししたおびただしい量の花火が打ち上げられるのだが、今年は、その直前、バスの事故があって、十数名が亡くなったという事故が起…

香港の薬事情

先日、身体に痛みと異変を感じ、これは専門医に診てもらう必要が あるだろうかと思ったワタクシ…。 専門医にかかる場合、大体普通は 一般のクリニックに行き、診察してもらい、 紹介状を書いてもらい、改めて予約し、 診察に行く必要がある。 …そんな時間を…

香港の家賃まだまだ上昇

2011年ごろから「あと2年くらいで下落する」などといわれ続け、はや、8年連続世界で最も不動産が高いことが決定した香港。 もう十分上がりきっただろと思った2017年ですら住宅価格は14.4%ほど上昇しており、今年も場合によっては20%くらいあがってしまうので…

中国のホテル

旅行でホテルに泊るときの高揚感は、なんといっても、すべて綺麗に、新品のように掃除が行き届いて、清潔で、リラックスできるところにある… …と、感じているワタクシ。 ・・・が、 中華圏には落とし穴がある。 外資系の5つ星のホテルであろうが、その辺の安…

交通事故…のようなもの

先日、広東語と仲直りなんてポストをしたけれど、 あんなもの大嘘である。(大袈裟) 友人のアテンドもうまく行って、香港人とも仲良くやって胸をなでおろした瞬間・・・ ・・・それはやってくる・・・。 タクシーに乗り、行き先を告げた際、ものすごい剣幕…

広東語と仲直り

友人が日本から遊びに来た。友人の中には、 「昼間は自由に観光してくるから夜合流しよう」 というタイプと 「一日中アテンドして案内して!」 というタイプがいる。今回来たのは後者のタイプである。彼ら3度目の来港になるのであるが、まったくプランを立て…